loading

このサイトでは音が流れます。
音量に注意してお楽しみください。

拝殿にお参りすると、鳳凰デザインのステンドグラスが目に飛び込む呉服神社。祀られるのは、応神天皇の頃に呉の国(中国)から、織物や染色の技術を伝えたという呉織(くれは)。この呉織の伝承は、古事記と日本書紀にも書かれていて、歴史ファンの心をくすぐる神社。戦国時代になると、織田信長と荒木村重(あらきむらしげ)との争いで、社殿を焼失するんやけど、豊臣秀頼の命令を受けた片桐且元(かたぎりかつもと)が、本殿を再建してん。つまり400年以上も前に建てられた建物が今も残ってんねんで。 ※これは2022年7月現在の情報です。

住所:池田市室町7-4
アクセス:阪急宝塚線池田駅から徒歩約5分
https://kureha-shrine.com/

MAPを見る

※このマップは株式会社Strolyが提供するマップサービスを使用しています。
リンク先のマップ下部(グレー部分)のメニューは同社のコンテンツです。

ノスタルジック探訪を見る