loading

このサイトでは音が流れます。
音量に注意してお楽しみください。

掘れば掘るほど発見がある 空堀界隈の歴史深堀

【榎木大明神】 樹齢およそ650歳の「榎木大明神」の不思議な力に触れる​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

掘れば掘るほど発見がある 空堀界隈の歴史深堀

【榎木大明神】 樹齢およそ650歳の「榎木大明神」の不思議な力に触れる​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

空堀商店街の真ん中辺の十字路から北に目を凝らすと道の先に一本の背の高い樹が見えるはずや。これが地元で「エノキさん」と親しまれている榎木大明神や。楠木正成公が植えたとの説もある樹齢約650年のこの大樹は、実は中国原産の槐(エンジュ)というらしい。大阪大空襲では、戦火がこの樹のあたりでぴたりと止んだそうやねん。どうやら不思議な霊力があるらしく、道路の拡張で切ろうとすると工事業者が怪我したりして、いつも中止になるんやて。代々地元の人達が大事に祀ってきたそうやから、これからも守り続けてほしいもんやね。※これは2022年5月現在の情報です。

住所:大阪市中央区安堂寺町2丁目3
アクセス:OsakaMetro・谷町線谷町六丁目駅から徒歩約4分

MAPを見る

※このマップは株式会社Strolyが提供するマップサービスを使用しています。
リンク先のマップ下部(グレー部分)のメニューは同社のコンテンツです。

ノスタルジック探訪を見る