loading

このサイトでは音が流れます。
音量に注意してお楽しみください。

阪堺電車で行く途中下車ぶらり旅

【浜寺公園駅旧駅舎】 明治リゾートの面影を残すモダン建築の粋「浜寺公園駅旧駅舎」​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

阪堺電車で行く途中下車ぶらり旅

【浜寺公園駅旧駅舎】 明治リゾートの面影を残すモダン建築の粋「浜寺公園駅旧駅舎」​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

南海本線浜寺公園駅の旧駅舎は、1907年に建てられた洋風駅舎や。明治のリゾート地だった浜寺公園の駅舎らしい、モダンな様式をふんだんに取り入れた建築が特徴なんや。イギリスやフランスなどで見られる、柱や梁をむき出しにして漆喰で間を埋めたハーフティンバー様式の壁面、屋根裏から飛び出したドーマー窓など、随所にこだわりがあって、必見やで。さすが東京駅や中之島の中央公会堂を手掛けた辰野金吾の設計だけあるがな。 ※これは2021年11月現在の情報です。

住所:堺市西区浜寺公園町2-232
アクセス:阪堺線浜寺駅前駅から徒歩1分

MAPを見る

※このマップは株式会社Strolyが提供するマップサービスを使用しています。
リンク先のマップ下部(グレー部分)のメニューは同社のコンテンツです。

ノスタルジック探訪を見る