loading

このサイトでは音が流れます。
音量に注意してお楽しみください。

阪堺電車で行く途中下車ぶらり旅

【旧堺燈台】 明治の洋館のような容姿が夕陽に映える港のシンボル「旧堺燈台」​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

阪堺電車で行く途中下車ぶらり旅

【旧堺燈台】 明治の洋館のような容姿が夕陽に映える港のシンボル「旧堺燈台」​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

堺の港は古代から天然の港として栄えとった。その後、一時は衰退した時期もあってんけど、明治の文明開化でまた息を吹き返したんや。そのシンボルとも言える堺燈台は、1877年にイギリス人技師ビグルストンが設計した本格的な西洋式木造燈台や。1968年に引退するまで、堺の港の安全を守り続けとったんやで。今でも英国風下見板張りの白い板壁がレトロな洋館みたいで、ロマンチックな雰囲気を漂わせとる。特におすすめは夕暮れ時やで。空や海の景色と相まって、褐色に染まっていく燈台の姿は、何度見ても見飽きひんで。 ※これは2021年11月現在の情報です。最新情報・詳細は、下記 堺市のホームページをご確認ください。

住所:堺市堺区大浜北町5丁1-22
アクセス:阪堺線宿院駅から徒歩約23分
https://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/bunkazai/bunkazai/shokai/bunya/shiseki/oldtodai.html

MAPを見る

※このマップは株式会社Strolyが提供するマップサービスを使用しています。
リンク先のマップ下部(グレー部分)のメニューは同社のコンテンツです。

ノスタルジック探訪を見る