loading

このサイトでは音が流れます。
音量に注意してお楽しみください。

生野で、甘味の、甘美なる旅

【洋菓子のサフラン】 懐かしくて甘い思い出の味。生野の笑顔を彩る「洋菓子のサフラン」​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

生野で、甘味の、甘美なる旅

【洋菓子のサフラン】 懐かしくて甘い思い出の味。生野の笑顔を彩る「洋菓子のサフラン」​

00:00
00:00
※再生ボタンを押すと、ナレーションが再生されます。

誕生日やクリスマス、ハレの日など、家族でケーキを囲んだ思い出は色あせない。そんな幸せの時を彩る洋菓子店「サフラン」は、昭和42年から、生野の町で親子孫と愛されているんや。ショーケースに並ぶ色とりどりのケーキは、どこか懐かしい風貌。昭和にブームになっ東部市場前駅たバタークリームケーキは、今でもファンが多く、店名のついた「サフラン」もその一つ。生クリームでは出せない美味しさなんやで。社長の祖父が和菓子職人だったことから、「生ドラ サンド物語」はどら焼きの皮も自家製。お店もまた、親子孫と続く歴代店主の菓子愛で、食べる人に幸せを届け続ける。※これは2022年8月現在の情報です。

住所:大阪市生野区生野西2-1-32
アクセス:JR大阪環状線・寺田町駅から徒歩約1分
http://www.safran.co.jp/terashop.htm

MAPを見る

※このマップは株式会社Strolyが提供するマップサービスを使用しています。
リンク先のマップ下部(グレー部分)のメニューは同社のコンテンツです。

ノスタルジック探訪を見る