loading

このサイトでは音が流れます。
音量に注意してお楽しみください。

天保山と言えば日本一低い山! 厳密にいうと違うんやけど、細かいことはええねん。「これが山ぁ?」ってツッコまれながら、築港エリアのランドマークとして親しまれてきたんやで。実はこれ、江戸時代につくられた人工の山。大阪湾から安治川に入って、大阪の町を目指す船の道標になるようにと、川底の土をさらって積み上げて天保山ができたんや。沖には安全な航路を示す澪標が立ち、天保山には灯台代わりの高灯籠が置かれた。そうやって船を導くと同時に、景勝地としても栄えて、たくさんの観光客でにぎわったんや。景色はずいぶん変わったけど、天保山の近くには今もたくさんの船が行き交ってるで。 ※これは2022年6月現在の情報です

住所:大阪市港区築港3-2
アクセス:OsakaMetro・中央線大阪港駅から徒歩7分

MAPを見る

※このマップは株式会社Strolyが提供するマップサービスを使用しています。
リンク先のマップ下部(グレー部分)のメニューは同社のコンテンツです。

ノスタルジック探訪を見る